ささやかな新年の抱負

画像
毎年近郊の写真を賀状に刷り込んでいる。今年は白滝山から見た瀬戸海の風景にした。

なだれ三昧は、年頭には決まって囲碁の目標を定めてきた。
そうでもしなければ生来のずぼら症のため、無為の時間を過ごしてしまう。
三日坊主になるのがわかっていても、やらないよりはマシというわけだ。

最近の調子から、無理しても大きな成果(昇段とか)は望めないと達観した。
そこで、これからは棋力の低下を防止し、長く囲碁を楽しむための取り組みをしたい。

① 城町道場60点維持
   これまで毎年目標にしていた「瞬間70点台」を昨年達成したのに、現在は40点ちょうどまで下がっている。せめて60点を回復し、常時維持すること。

② 外部の大会
   アマ本、アマ名人などの無差別級はあきらめ、秀策まつり、CATVなどの段位戦(五段)に絞る。

③ 断捨離
   難しい棋書は処分し、基本の定石、死活、手筋を忘れないようにするためのやさしい資料を活用する。身につけるために自分用教科書作りをする。

④ 省エネ(疲労の防止)
   実戦は局数を減らし、一手々々に意味を持たせて打つ。逆にネット碁は10分で打ち切る早碁で感覚を試す。

新聞棋戦は第2譜までしか見ない。ネットからの棋譜ダウンロードも印刷は100手までに限定する。

因みに、過去何百局も惰性で溜め込んだだけの新聞切り抜きも、1~2譜だけ残して処分した。
問題は、再編纂して身軽になった資料を真剣に読むかどうかにかかっているのだが・・・さて。


.



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック