第63回本因坊秀策囲碁まつりで15歳の新星出現

画像
              (各段戦対局風景)
ことしもカウントダウンをしながら迎えた秀策まつりだったが、またも初戦で夢が散った。
それも終盤に入るところまで圧倒的に優勢で、どの段階でも「勝ちました」という手を入れておけばいいものを、頑張りすぎて勇み足でオセロのようにひっくり返された。
相手は今回優勝したのだが、昨年の4回戦でも対局して小生が勝っていることもあって、かえって悔しさが募る。
結果は、●○●○の2勝2敗だったが、3戦目も同じような勝勢の碁を手拍子で逆転を許してしまった。
内容的には全勝できたはずの碁だったが、敗因は懲りない性格にある。

賞金100万円がかかったプロアマ戦は、許家元初段が中野寛也九段を破って獲得した。
台湾出身の許初段は平成9年生まれの15歳。今年プロ入りしたばかりでの快挙だ。
公開対局になる決勝戦の大盤解説は、前年優勝者が務めるのだが、昨年16歳で最年少優勝した孫 喆二段は「できれば自分の記録を破られたくないので中野九段に勝たせたい」などとジョークをとばしていたが、たった1年で記録は更新された。
今年はおかげ杯で一力遼三段(15歳)が優勝したし、一気に囲碁界が活性化する雰囲気で喜ばしいと思う。

(トーナメントの結果=左が勝者)
1回戦
鈴木紀之アマ  ー 星川航洋三段
田口美星初段 ー 岩井竜一アマ
日高雅博アマ - 中澤彩子五段
許 家元初段 - 佐野賢治アマ
大橋成哉五段 - 吉松昭三アマ
小松大樹初段 - 湯浅英之アマ
中野寛也九段 - 三田村譲アマ
福岡健二アマ - 飛田早紀初段

(2回戦)
鈴木アマ - 田口初段
許 初段 - 日高アマ
大橋五段 - 小松初段
中野九段 - 福岡アマ

(準決勝)
許 初段 - 鈴木アマ
中野九段 - 大橋五段

(決勝)
許 初段 - 中野九段

画像 

               (指導碁中の飛田早紀初段)

.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック