「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (女流秀策杯)藤沢里菜、貫録の2連覇

<<   作成日時 : 2015/01/25 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
本日尾道市で開催された第4回女流秀策杯で、藤沢里菜女流本因坊が決勝で星合志保初段を破り2年連続優勝した。

(1回戦)・・・左が勝者
原幸子四段 VS 海野沙衣アマ
田口美星初段 VS 木村まどかアマ
藤沢里菜女本 VS 関口裕理アマ
榊原史子六段 VS 福島あきらアマ
金子真季初段 VS 大森らんアマ
飛田早紀初段 VS 橋本朱莉アマ
青葉かおり四段 VS 徳弘広美アマ
星合志保初段 VS 横山絵里アマ
 昨年に続き一回戦のプロアマ対決(定先)はプロの全勝となった。

(2回戦)
原  VS 田口
藤沢 VS 榊原
金子 VS 飛田
星合 VS 青葉

(準決勝)
藤沢 VS 原
星合 VS 金子

(決勝)
藤沢 VS 星合

決勝戦は公開対局で、水間敏文七段が大盤解説(聞き手青葉かおり四段)をした。
ちょうど1年前、非公式戦とはいえこの大会で初めての優勝を果たした藤沢は、勢いに乗って会津中央病院杯、女流本因坊の2冠に輝いた。
今年は一つ歳をとったとはいえ16歳。相手の星合も17歳のハイティーン対決となった。
先番の星合が実利先行したうえ左辺の白の勢力圏に潜り込んで地を荒らすと、白も上辺に打ち込んで左上隅で大きな攻め合いになった。
見ている素人には、両者とも2眼つくるスペースはなく、一手進む毎に相手の大石が死んでいるように思えて、これは序盤で決着がつくかもと思った。しかし、対局者はセキになることは承知の上で、どちらが先手を取れるかに腐心しているのだという解説。結局黒が先手をとって下辺の白1子を大きく飲み込む作戦に出た。
ここでも封鎖された白が危なく見えたが、なんとか生きたところで勝負あった。
ハラハラしたが、シノいだ姿を見れば余裕も感じられるのはさすがに女王の貫録か。
132手完白中押し勝ち。

女流秀策杯はまだ4回目だが、第1、2回大会で優勝した万波奈穂三段もその後女流リーグ常連となり、あと少しでタイトル挑戦という位置にいる。
今年の藤沢里菜2冠はもちろん、準優勝の星合志保初段も更なる活躍が予感される好局を観戦させてもらった。
画像
       (優勝スピーチする藤沢里菜女流本因坊)

決勝戦棋譜
画像
           (先)星合志保、(白)藤沢里菜 132手まで白中押し勝

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(女流秀策杯)藤沢里菜、貫録の2連覇 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる