「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 39期名人戦(予選)が始まったが・・

<<   作成日時 : 2013/04/06 23:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
新しいデジカメで撮った最初の写真はビオラ。シャープに写り色も鮮やかになった。8年前の5メガで5万円が、18メガで1万5千円、3Dも動画も何でもござれの優れものだ。

3週間休んでいる間も名人戦の行方が気にかかっていたが、今週、関西棋院で第39期の予選が始まった。
日本棋院は来週も対局が組まれていない。前期は10月27日に予選がスタートしていて、今の時点では200局を消化して予選Bに突入した段階であった。ほぼ半年の遅れである。

名人戦に明らかな異変が起こったというのに、報道はおろかネットにも一切情報が流れなかった。
名人戦に参加する棋士は600人もいるというのに、棋士もその周辺の事情を知る人達も口を噤んだ。明らかに緘口令が敷かれていたとしか思えない。

2年前に産経が十段戦の賞金を下げた。経営が苦しくなった朝日新聞がスポンサー料を値切りにかかるのは当然だろう。まして、何かというと中韓に肩入れする朝日のことだ。彼らに負け続けてマイナーリーグ化している名人戦の対局料切り下げ要求に棋院は抵抗できないと足元を見たとしても不思議はないと思う。

以前、将棋の名人戦で同じことがあり、朝日と将棋連盟が決裂して毎日新聞が名人戦を奪ったことがある。(その後、朝日が密かに連盟と組んで奪還しようとして、毎日と係争事件になり、両者併催となったのは記憶に新しい)
しかし、今は毎日新聞も名人戦を横取りする力はない。それどころか朝日に続けと、「本因坊戦」の対局料引き下げを要求したいと考えているはずだ(と小生は思っている)。

せっかく井山6冠で盛り上がっても、棋院の体質が変わらない限り、ドミノ倒しのような悪循環が続き、やがて囲碁が社会から見捨てられることを危惧するばかりである。

七大棋戦優勝賞金

 ▼棋聖戦(読売)    4500万円
 ▼名人戦(朝日)    3700万円→(3000万円?)
 ▼本因坊戦(毎日)  3200万円
 ▼天元戦(新聞3社連合) 1400万円
 ▼王座戦(日経)    1400万円
 ▼碁聖戦(新聞囲碁連盟)  800万円
 ▼十段戦(産経)    750万円



.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
39期名人戦(予選)が始まったが・・ 「なだれ三昧」の石音メモランダム/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/03 23:34
レイバン メガネ
39期名人戦(予選)が始まったが・・ 「なだれ三昧」の石音メモランダム/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/05 17:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
39期名人戦(予選)が始まったが・・ 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる