「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (NHK杯)打ち方に幻惑され形勢判断を怠った柳九段

<<   作成日時 : 2012/07/22 19:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先番の村川大介七段は井山3冠と同世代の成長株である。対する白番の王銘エン九段はメイエンワールドという独特な打ち方で名高い。きょうはどんな突飛な?手が飛び出すか興味津々であったが、10手目に左下白三々に打った手に片鱗を見せたくらいだった。

局面図は黒の手番。解説の柳時薫九段が、ここで左上の星にカカるところだが、Aとカカるのは白からツケオサエを打たれてよくない。Bとカカるのはコスミツケから攻められてよくない。
従ってCに入り白に地を作らせないように打つところだと言った途端に実戦も黒Cに打った。

プロでなくとも高段者なら一目で判断がつくと思うが、自分の実戦なら右上からの黒地と左辺の白の勢力の接点だということで、間違いなく黒Aと打つだろうなと思った。

故に、自戒の意味をこめて、この図を掲げる。
どんな局面でも即断せず、このような3択問題にして考えれば正解手に近づくと思うからだ。

きょうの対局は、柳九段が中盤から終局間際まで終始白の優勢を唱えていたが、並べてみると黒の大差勝ちだった。
メイエン特有のボヤキ連発も優勢を意識しているボヤキと言い、劣勢と見た村川が勝負手を放ったがコミはとても出ないといった具合で、折角の対局観戦を解説が台無しにしてしまった。
281手完、村川七段の5目半勝ち。

いつもテンポのいい解説で楽しませてくれる柳九段なのだが、今日ばかりは「固定観念がありまして」と、シャッポを脱ぐしかなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(NHK杯)打ち方に幻惑され形勢判断を怠った柳九段 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる