「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 手筋大百科から引用したような吉田美香八段のヨセ手

<<   作成日時 : 2012/01/11 22:10   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨日の道場は3連勝スタートで60点に王手をかけた。しかし4戦目に勇み足で負けて失速。結局3勝3敗で「往って来い」だった。
きょうは関西棋院第一位決定戦、吉田美香八段対岩井真一アマ戦を観戦した。
この棋戦は賞金ランクなど22人の棋士と、アマも参加できる予選を勝ち抜いた10人のトーナメントである。
岩井真一アマは双子の弟竜一アマと、岡山県のツートップに君臨する強豪で、今期も兄弟で予選を通過している。

1回戦第9局は美香の先番で開始。
序盤の布石は穏やかに進み、お互い模様の張り合いになった。黒が下辺に深々と打ち込み、白が攻めたがうまくシノぎ、黒がリードしてヨセに入った。
ここで179手目に、美香が黒1と右上に打った手を見て、一瞬入力ミスかと思った。
しかし岩井アマは白2とツぎ、黒3と引いて何事もなく白4に転じた。
不思議に思って検討してみたが、もし白3と遮ると黒2と出て、白ワタリに黒が外をオサエるのがコウをにらんだ先手ということらしい。
小生が百年考えても黒1なんて思いつかないが、膨大な手筋の宝庫が頭の中に格納されているプロにとっては、息をするくらいフツーの手なのだろう。

画像

先手を取った白は3、5と中央のマグサ場に石をばらまき、白7のサルスベリを打った。
こうなると、絶妙と見えた黒の一手は後手ヨセなので損をしたようにみえる。しかし、白からの1線ハネツギが先手ヨセで大きいので、逆ヨセということかも知れない。
このあたりは、小生の棋力では見極めがつかないところだ。

白がかなりヨセたが、結果は279手で黒1目半勝ち。
美香八段がプロの面目を保った。
解説のない中継だったが、一手でも「おおっ!」という手に出会えるのは楽しいことだ。

.





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手筋大百科から引用したような吉田美香八段のヨセ手 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる