「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (将棋界)女流プロ群に君臨する奨励会1級

<<   作成日時 : 2011/12/16 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
すっかり葉を落とし春に備える桜・当地で今日初雪が舞う

月曜日に触れた一力遼初段だが、昨日の十段戦で24世秀芳と対戦し、予想通り圧勝した。まだ予選Bの段階であり、入段したばかりの14歳が、コンピュータ石田を破ったからといってニュースにはならない。
ところが今日の読売社会面に、将棋のマイナビ女子オープン2回戦の結果が、カラー写真付きで掲載されたのでちょっとビックリした。
里見香奈女流3冠が、加藤桃子女流王座に勝った将棋である。
今年5月、里見が女流プロのトップに君臨しながらも、敢えて奨励会入りに挑戦したことは前にも書いた。 (※)その編入試験で、加藤(当時2級)に負けたことから、女流プロのレベルについて改めて考えさせられたものだ。残る2局を勝って奨励会1級に編入されたものの、苦戦が続いている。
四段でプロ入りの夢はおろか、初段がなかなかという感じだ。

一方、女流3冠に勝てる実力を示した加藤だが、新設された女流王座戦で初めて奨励会員の参加が認められるや、実力通り勝ち進み、決勝では清水市代女流六段との五番勝負を3−2で制し、初代女流王座に輝いた。(因みにこの大会では伊藤奨励会2級も参加し、準決勝で加藤に負けた)

そういう経緯があるから、(女流)将棋ファンには興味津々の里見・加藤戦だった。
里見女流3冠はまだ19歳、加藤女流王座は驚きの16歳である。


なだれ三昧の熱愛(?)する清水市代六段は、3冠全てを里見に奪取されたうえ、3度のリベンジ戦もストレート負けばかり。今度は新鋭加藤にも負けてしまった。
20年も女流のトップに君臨してきたプライドに、大きなキズがついた。
それでも、女流名人戦リーグでは9戦全勝のぶっちぎり。またもや里見に挑戦することになった。
今度こそリベンジしてプライドを取り戻してほしい、と願っている。

(※1) http://hasunatu.at.webry.info/201104/article_15.html
(※2) http://hasunatu.at.webry.info/201105/article_24.html




人気囲碁ブログ、今のランクは →こちら



.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(将棋界)女流プロ群に君臨する奨励会1級 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる