「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (名人戦第5局)名人が打てば全て好手になる

<<   作成日時 : 2011/10/13 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

将棋の竜王戦と重なったために、名人戦の放送が15分遅れとなった。
いきなり映し出された局面がコレ。
解説の柳時薫九段の第1声は、「すでに、このカカリが前例のない一手と思われます」。
そのあと、「珍しいというよりも、見たことがありませんね」と続いた。

黒の構えに対しては、つい先ほどまでは、ワリウチが全盛だったが、最近は右下に内側からカカる方が主流になっている。
そういう解説を耳にタコができるくらい聞かされているから、我々の碁でも白△からカカることはまずありえない。

しかし、始まったばかりで盤面は広い。
6手目にして名人が悪手を打つはずがない。
白△を見ていると、ごく普通の手に思えるから不思議だ。
今まで、プロの流行と、解説に惑わされて、△の方からカカる手はないと思い込まされていたようである。

カド番に追い込まれた立場でも(打ちたい手を打つ)井山の真骨頂である。
この白番を井山が勝つと、白△のカカリは大流行するかもしれない。

今後の展開が楽しみだ。



少しサボるとランクがドンドン下がっていく(笑) ↓↓
人気ブログランキングへ





.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(名人戦第5局)名人が打てば全て好手になる 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる