「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (名人戦第4局)山下本因坊、剛対剛の戦いを制す

<<   作成日時 : 2011/10/06 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

上辺から始まった激しい戦いで、検討陣の評価も白がよい、いや黒がよくなったと形勢が二転三転する難解さ。
夕方の放送に入ったあと、山下本因坊が打った白1の4子取りは20目といわれ、上辺から中央に続く白の大石のキズが完全になくなる大きな手だ。
しかし、それにも増してがら空きの下辺に先着する出入りの大きさは勝る。
解説では井山名人が黒Aに打てば形勢に自信があり、その左に頑張れば形勢悪しと見ているのだろうと言っていた。

ところが実戦は黒2のアテ。白は右下で幸便に生き形を作っておいて、先手でAに打った。
井山の黒2は右辺の攻め取りをなくした立派な手であり、白Aへの対策も用意していた。
しかし、下辺で始まった戦いにも山下が頑張りぬいた。
198手完、白中押し勝ち。
両者とも常に最強の手段で対峙するが、素人目には、この局面の少し前に打った黒▲の2手が頑張りすぎだったのかもしれないと思うのだが・・・

山下が本因坊・名人にあと1勝と迫った。



他の方の囲碁ブログを見るには ↓↓
人気ブログランキングへ



.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(名人戦第4局)山下本因坊、剛対剛の戦いを制す 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる