「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題集「次の一手」の真髄は終盤問題にあり

<<   作成日時 : 2011/10/04 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

三木正著「次の一手(級位者のために)」のなかの終盤の問題例である。
黒番で次の一手を問うている。
図に記載した数字(1〜22)は、正解手に気付かなかったときの最善と思われるヨセ手順を表わしており、これで白の勝ちである。
この問題は黒からの詰碁的な手段があり、その正解手のあと29手までのヨセの進行が示され、盤面黒8目勝ちと解説されている。

この本は序盤、中盤、終盤で各20問あるが、終盤問題の解説が超一品だと思う。
20題全てについて、上例のように正解となる妙手と、それを外した次善のヨセ手順(20〜30手)を示し、右上何目、左辺何目というように目算まで親切に表示してくれる。

本の題名からして「次の一手」なのだから、隠された妙手を見つけるのが第一義ではあるが、それ以上に、これほど多くのヨセ手順が掲載されていることが驚きであった。

もともとヨセ専門の棋書が殆どないし、あったとしても「ハネツギ先手であとでさらに1線のハネツギも権利だから何目の手」というように、数字の大小ばかりで面白くない。
この本は終盤に入った段階からの、ヨセ手の優先順序が実戦感覚で身につく気がする。
ヨセの教本としても格好の本であると思う。

現在のブログランクは? ↓↓
人気ブログランキングへ




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題集「次の一手」の真髄は終盤問題にあり 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる