「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (NHK杯)治勲先生の新手、評価は?

<<   作成日時 : 2011/10/02 16:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

黒番の片岡聡九段に対するは趙治勲25世本因坊。
久しぶりに見られる重量級対戦だ。
12手目、治勲の打った白Aを見て、解説の王立誠九段が初めて見たという。
一路右の「イ」に打つのはよくある手で、この場合は黒1、白ロとなるのが普通。
白Aは、強くなった黒に近寄りすぎなのでよくないという。
そこは承知の上の治勲先生、白2と厳しく切断に出た。

こうなると、級位者でも新手の先行きがどうなるのか凝視せざるを得ない。
さすがファンサービス精神に溢れた打ち方を見せてくれるものだ。

画像黒1、白2と切り結んだとき黒3が大事な手。黒6にツナぐと黒石が分断され、このとき白Aと迫った手が生きてくる。
その後の進行は黒11とカドをしっかり守って一段落し、白の実利と黒の外勢というワカレになった。
白が先手で左上12に割って入りここから中盤の戦いに入っていった。

さて、注目の新手の評価であるが、王立誠九段によると、黒3、5、7で白がシボラれている感じがよくない、黒はカベが厚く不満なし、として否定的だった。
おそらく白Aの「新手」は研究してきて打ったのではなく、きょうの気分で打ったものだろうとも言っていた。

対局結果は趙治勲25世が、終盤の大きなコウ争いの結果、盤面でも有利となり252手で中押し勝ち。

まぼろしの新手白A、城町道場で試すのは場合による、としておこう。



他の人気囲碁ブログを見るには ↓↓
人気ブログランキングへ



.




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(NHK杯)治勲先生の新手、評価は? 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる