「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 棋士ランキングについて

<<   作成日時 : 2011/09/09 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

1昨日、あまりの天気のよさにつられて、近くの白滝山(三原市小泉町)に登った。
家から6.8キロ走ると山頂近くの駐車場に到着。
ここから山道を400メートル歩いて龍泉寺に到着。小早川一族の小泉氏の氏寺だというが、県重文の木彫りの像3体は平安時代の作という。標高330メートルの山頂によくぞ建てたものだと思う。
写真は展望所から山頂の大岩を望む。頂上近くに龍泉寺の山門が見える。

山頂の大岩の側面には等身大の磨崖仏10体、岩に上がると10畳ほどの平板になっている。標高342メートル、360度遮るものなく展望できる。
瀬戸内海の多島美から三原市街地、広島空港も見える絶景である。

車と徒歩で家から30分、こんな別天地があることを幸せに思う。
画像
画像


昨日も触れた囲碁の世界ランキング(※)だが、不動のトップは李セドル(28歳)であるが、朴廷桓が初めて2位につけたのが注目である。
先月の富士通杯で優勝した韓国の18歳である。
3位は中国の古力(28歳)。

日本勢の上位10人を挙げると、
20位 @ 井山裕太
43位 A 山下敬吾
44位 B 張栩
63位 C 河野臨
65位 D 羽根直樹
70位 E 高尾紳路
85位 F 結城聡
96位 G 村川大介
100位 H 依田紀基
117位 I 趙治勲

という具合である。

今後日本勢が世界のトップに迫るためには、井山一人の頑張りでは到底無理で、5人くらいが塊になって上位になだれ込んでいかなければならない。

山下、河野、羽根がつないで、若武者村川世代にバトンタッチする図式を思い描いているのだが、その日はいつ来るのだろうか。

(※)http://sports.geocities.jp/mamumamu0413/total.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
棋士ランキングについて 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる