「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (NHK杯)落城寸前メイエンワールド、ボヤキ100回で逃げ切る

<<   作成日時 : 2011/09/18 17:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

きょうの対戦は王銘エン九段対湯川光久九段戦。王九段の黒3手目の目ハズシにより、早くもメイエンワールドの期待が高まる。
このあと上辺で、十三の6アテから十二の6と、6線をゴリゴリ押していく。
結果は図のように中央で枯れ死に状態になった白△を飲み込んで、大きなメイエン城が完成した。

湯川九段は左辺白1ツケから石垣を崩しにかかったが、王九段は白3のハネにあっさり黒イ、白ロと後退した。
このあたり優勢を意識していたのかもしれないが、各所で白からの侵食を許したようだ。
湯川九段はいつも通り、終始ポーカーフェイスで打ちすすめるが、一手打つごとに王九段のボヤキは激しくなるばかりで、メイエン城は落城寸前かと思われた。

画像

右下スミで最後の勝負所となるコウが発生した。
苦し紛れかと思える黒1のモチコミとなるコウ立てだが、白が受けると黒からのコウ材が豊富になるので、白2と解消し、黒3と大きなワタリを許してしまった。

素人目には、コウに負けてもワタリを止める方が良かったようにみえるのだが、どうだったのだろうか?
結果が湯川九段必死の追い込みも空しく、メイエン九段が1目半差で辛くも逃げ切っただけに疑問が残った。

大勢を楽観して緩まず、劣勢でも必死に活路を見出して追撃することの大事さを学ぶ。


他の方の囲碁ブログへ
  ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ




.




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(NHK杯)落城寸前メイエンワールド、ボヤキ100回で逃げ切る 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる