「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS タイトル戦の棋譜を憶える方法

<<   作成日時 : 2011/09/16 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
   (モーレツ残暑で運動公園に夏景色が戻る)
名人戦第2局の後始末で、きょうは熱戦譜を完全に記憶した。
幽玄の間で中継した碁の場合、手順をクリアして再現させるときに、盤面上の着手点を一手ずつクリックしていくのがよい方法だ。
一般的に棋譜の再生は、自動再生のほかに一手ずつ▲をプッシュしていくが、幽玄の間の碁盤に限り、▲だけでなく、盤面のどこをクリックしても正しい手順が再現されるのがミソだ。

したがって、自分の思った着手が間違っていれば、クリックしたのと違う場所に石が表示されるから直ちに記憶の修正が可能である。
こうして、クリックミスがなくなるまで繰り返すわけだ。

次に、碁盤に石を並べて再確認する。
このとき、黒石の石数をあらかじめ数えておく。
昨日の名人戦は179手だから黒石は90個。
最終手を打ったときに、ちょうど黒石を使い切っていたら、完璧だ。

実況解説を見ながら観戦した碁は、解説の言葉を重ね合わせながら覚えると効果大である。

こうして憶えた棋譜を、なぜ1週間もしたら忘れてしまうのか。

それが一番の悩みではある。


他の方の囲碁ブログはこちら
  ↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ




.






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりです!
いつも楽しく拝見させていただいてます!


「忘れる」ことはごく健全な証拠です。

正確には忘れたわけではなく、思い出せなくなったんです。
しかし、しっかりと頭の中に棋譜は残っていますよ!

忘れるということは、記憶の容量がある証拠です!

※すべて本の受け売りです(笑)

シュウコウ
2011/09/17 07:35
シュウコウ様
コメントありがとうございます。
私の場合、記憶の容量がないと諦めていますが、忘れるからといって憶えるのをやめたときは人生も終局という気がしています。
なだれ三昧
2011/09/17 09:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイトル戦の棋譜を憶える方法 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる