「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (プレーオフ)期待持たせて腰砕けになった羽根九段

<<   作成日時 : 2011/08/08 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
なだれ三昧は古くさい?人間だ。囲碁を観戦するときにも、盤外のことが気になって仕方がないことがある。
七番勝負の中継は欠かさず見ているが、対局者の入室シーンで、挑戦者が後から入るのを見ると気分が悪くなる。
上座のタイトルホルダーが先に着座して、碁盤と碁笥を丁寧に拭き清めたあとに、ぬーっと現れて下座につくというのが小生には違和感があるのだ。

といっても、入室順序にルールがあるわけでもなく、盤外の心理作戦もあるかもしれない。

「長幼の序をわきまえた自衛隊なら」、と言って辞職になった大臣もいるが、小生如きが何を言っても、単なる独り言に過ぎないのだが・・・。

注目の名人戦リーグのプレーオフだが、今朝の対局前の様子が上の写真。。
本因坊位を持つ山下が4分前に入室して、碁盤を拭き清めたところに無冠の羽根が入室したところ。対局3分前だった。

なだれ三昧は、これを見て「今日はダメだな」と思った。

大一番なのに幽玄の間も中継しないし、主催の朝日も一切経過を流さない。
夕方の万波奈穂二段のブログで、山下優勢という盤面図を見ると、なるほど碁は終わったも同然だった。

羽根九段の快進撃に対する期待は、今朝の1分間の入室遅れを見せられて腰砕けになった。

山下本因坊は8年ぶり2回目の名人挑戦で、井山名人との番碁は初めて。

これはこれで、期待度満点の好一番、いや七番ではある。




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(プレーオフ)期待持たせて腰砕けになった羽根九段 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる