「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマチックな羽根直樹九段の快進撃

<<   作成日時 : 2011/08/05 19:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

恒例の名人リーグ一斉対局が昨日あった。
この結果、山下道吾本因坊と羽根直樹九段が6勝2敗の同率となり、月曜日にプレーオフを戦うことになった。
この二人、僅か2週間前に本因坊戦七番勝負を終えたばかりだ。
3連敗後の3連勝で波に乗り、最終局も終始リードしながら逆転負けした羽根としては、絶対にリベンジした一戦だろう。

一方、迎え撃つ井山裕太名人は、一昨年、張栩前名人から1敗のあと4連勝で名人を奪取し、昨年は高尾紳路九段を4タテで防衛しており、ここまで名人戦8連勝中。
しかし、対戦成績は対山下2勝5敗、対羽根3勝5敗で負け越しており、高尾戦のような楽勝は望めず、接戦が期待される。

小生としては、山下が挑戦するとどちらが勝っても本因坊・名人の併冠になってしまうので、心情的には羽根が挑戦者になってほしい。
新四天王の争いに決着をつける形になるのは,少し早すぎると思うからだ。

それにしても、今年の羽根の活躍は凄い。
今は無冠であるが、王座戦では井山名人との挑戦者決定戦を近々戦うことが決っている。
更に言うならば、棋聖戦Aリーグでも単独トップを走っており、ここでも挑戦者決定戦に進む公算が高い。
すなわち本因坊、碁聖、名人、王座、棋聖と、年間5棋戦挑戦という大記録に肉薄していることになる。
ここで大爆発すれば、来春には碁聖以降の4冠に輝いている可能性さえある。

タイトル戦線の興味は、益々高まろうというものだ。




.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

赤子の首を捻ってはいけません。死んでしまいます。せめて、手にしておかないと。

それにしても、羽根先生はタフですね。

全盛期のピカ一先生が、七大タイトルのうち6つに登場したことがあります。これに迫る勢いですね。
牧神の午後
2011/08/06 10:45
牧神の午後 様
コメントありがとうございます。
高尾九段を応援していただけに、名人戦の負け方に失望したので、つい口(マウス?)が滑りました。

なだれ三昧
2011/08/06 18:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマチックな羽根直樹九段の快進撃 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる