「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (NHK杯)志田達哉四段完勝、20歳トリオ躍進の予感

<<   作成日時 : 2011/08/28 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

画像
きょうのNHK杯は中部総本部の俊英、志田達哉四段対金秀俊八段戦。
解説の山城宏九段評によれば、2人とも力戦派、特に長考派の志田はヨミが深く、シノギも巧いという。
果たして、下辺で金八段が強攻したことから、お互いに不安定な石が中央に向かって出て行く展開になった。
黒の志田が黒1と出切る・・・かに見えたが、何と3分の長考の末、切るのをやめて黒3と逃亡を図る。金は許さん、と白4のコスミ。

ここでも志田は時間ツナギの黒5。しかし白6と受けたので黒7を利かすことができ、ここでやっと黒イと出切った。
切られた白は、スミを守っても、左辺の黒に上辺へ脱出されるので、白ロと打つ。
黒ハ、白ニ、黒ホとなってスミの攻防が緊迫化し、この碁一番の見せ場になった。

こういう攻め合いは金八段も得意のはずで、1回戦の向井千瑛戦でも左下の攻防で同じような戦いからコウに粘って勝負を決めていた。
今回は、もともと白地のはずのところを、そっくり殺されるコウになったため、どうしようもなかった。
黒に中央の白をコウ替わりで取られ、そのあと下辺の白まで殺されては勝負あった。

金八段は放送時間一杯まで打ち続けたが、志田四段は適当にあしらっているような余裕があった。

なだれ三昧は、中韓と渡り合う存在として、井山名人に次ぐ有望株として村川七段、志田四段、鈴木(伸)三段の20歳トリオの成長に望みを託している。
鈴木は1回戦で村川と当たる不運があったが、そろそろ村川と志田が上位に駆け上がってもおかしくない充実振りである。




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン サングラス
(NHK杯)志田達哉四段完勝、20歳トリオ躍進の予感 「なだれ三昧」の石音メモランダム/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/03 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大変な熱戦でしたね
左下の攻め合いがどうなるか解らず、解説に頼るしかありませんでした。

それにしても金八段の投げ場、もうちょっと早くてもよかったのでは?
金八段の棋風も好きなので見ていているのが辛かったです。
勉強になったのは右下小目に内側からツケていったヨセぐらいでしょうか?
それよりも早く投げて検討で多くの変化図を見せてほしかったですね。

自分は住んでいるところが中部圏なので志田達哉四段を応援しています。
次は依田九段vs小林九段の勝者とですのでそちらも注目です。
まさみ
2011/08/29 12:54
コメントありがとうございます。
金八段は格下相手に負けて、長々と検討場面を放映されるのが、いやなんだなと思いました。
まさみ様
2011/08/29 16:00
これから、早5年が経過。
 すでに、井山、伊田、、、という時代。
勝負の世界は、厳しい・・・
ノリ
2016/05/29 14:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
(NHK杯)志田達哉四段完勝、20歳トリオ躍進の予感 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる