「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (天元挑戦者)これぞ井山の妙技・メイエン勝利宣言があだ花に

<<   作成日時 : 2011/08/25 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
天元戦挑戦者決定戦の局面図である。
対戦するのは、今や張栩を抜いて日本ランキング一位に躍り出た井山裕太名人と、若手の台頭でタイトル戦から遠ざかっているが、最後(?)にもう一花咲かせたい王銘エン九段。

黒番のメイエンは期待に違わず、右下スミで3手目の目はずしから大ゲイマに構えた。
そして右上スミでは白が星にケイマガカリしたとき、5の五にコスンでからカケていくなど、積極的。
白の井山は挑発に乗らずおとなしく受けているように見えたが、図の局面では右辺の厚みと上辺の実利がうまく連係して、形勢は黒が悪くないと思われる。

ここで127手目、黒1と下辺を渡ったのは大きく、この手を打ってメイエンは勝ったと思ったのではないか。

ところが井山は白2と上辺を動き出した。
黒の包囲網の中で、1眼もない白石がまともに動いてどうするのだろう。まさか投げ場を求めた自爆作戦でもなかろうが、と見ていたら・・・・

ここからの折衝がすばらしかった。
またたく間に、上方から湧き出た白石が中央に向かって入道雲のように増殖し、黒7子を飲み込んでしまったのには驚いた。
一部振り替わりの形になったが、ほぼ確定地と思っていた上辺一帯をそっくり荒らされては勝負あった。208手で白中押し勝ち。

これが、世界のトップと互角に渡り合える井山の碁と言えようか。


こんな碁を見せられては、迎え撃つ結城聡天元は、どんな策を用意しているのだろうか。
奇しくも同じ今日、結城は三星火災杯で中国の四段相手に2連敗して予選敗退。井山が3位に輝いた富士通戦でも1回戦敗退だった。

決まり文句の、「いい碁を打てるように頑張ります」では勝負にならない気がする。

一方の井山は、前期の棋聖戦・十段戦に続き、またも名人戦・天元戦と併行して番碁を戦うことになった。
強者の証しとはいえ、ご苦労なことだ。



.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(天元挑戦者)これぞ井山の妙技・メイエン勝利宣言があだ花に 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる