「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 大ポカ投了局面が、ダメ詰め問題図とは

<<   作成日時 : 2011/08/22 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ここ1ヵ月半ほど幽玄の間のレートは30000点すれすれで持ちこたえている。次に負けたら陥落という場面も5、6回はある。
今日は久しぶりの大ポカで、またまた土俵際に追い詰められた。

なだれ三昧の黒番で微細な局面だったが、黒1のアタリに白2ツギ。
ここで、実戦は黒Aと打ち、すかさず白Bで即投了だ。

検討画面でいろいろやってみたのだが、黒3と後手に甘んじ守ったとして黒半目勝ちだった。

そこで、昨日のダメ詰め問題の検証をしてみた。
黒3のあと、白から打ち始めてヨセとダメ埋めを打つと26手で終わる。
つまり黒が最後のダメを詰めて盤面7目勝ちである。

いろいろ手順を変えてみたが、常に手止まりは黒にまわり半目勝ちになった。

昨日の「牧神の午後」氏のコメントでわかっていたが、やっと得心できた。

きのうの今日で、半目勝負の碁が打てたタイミングのよさは愉快だったが、大ポカで負けていては仕様がない。



.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大ポカ投了局面が、ダメ詰め問題図とは 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる