「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 読めないというより、読まないのが問題

<<   作成日時 : 2011/06/27 20:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像
きのうの囲碁将棋フォーカスでゲストの張栩棋聖が、自身が考案した四路盤の説明をした。
以前から話題になっていたのだが、実際の問題を見るのは初めてだった。
例題が二つあって、上の問題は、黒番で打つ場所は3箇所しかない。
囲碁を習いはじめの福山知沙アナも、正解にたどり着いた。

しかし、2問目はお手上げだった。

四路といってもバカにならない難しさだとは聞いていたが、実のところなだれ三昧も2問目はわからなかった。
狭い範囲なので時間をかけて試行錯誤すれば答えは出るだろうが、問題点は別にある。

それは、数手先まで読んだとして、その先を読み続けるのが億劫というか、面倒くさくなっていい加減にしているということだ。

最近の根気の無さは、病的ともいえる。

ここ数日、やさしい手筋問題集に取り組んでいる。

過去に何度かやったので復習の意味だが、次の一手だけはほとんど正解できる。
しかし、そのあとの変化をロクに考えようとしないから、結果が生きなのかセキなのか、コウなのかは正解図を見て「あ〜そうだったか」という具合だ。

こんな状態では、本当に先が思いやられる。



.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読めないというより、読まないのが問題 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる