「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 素人には理解不能なプロの深〜い考え

<<   作成日時 : 2011/06/24 22:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
75手目の黒1飛び出しにより、もうこの黒はつかまらないだろう。
中央の黒も、左方に大きく脱出口が開いており危険はない。
そうなると、中の白21子は1眼しかないから、この碁は「オワ」である。

ところが、白は投了するどころか、つかまらない黒をどこまでも追いかけ回す。
取られたと言っても、手数は相当あるから、黒が100パーセント生きになるまで攻め続けたのである。
画像
黒の追撃で100手も進んだ場面。
左方の黒は完全に生き、右方の黒も眼形作りには不安はないのだが、ここで黒1、3、5は、いくらなんでも堅すぎる。
黒としては安全第一、生きただけで勝ちという態度だ。

この碁は棋聖リーグ第1戦で、黒は河野臨九段、白は山下道吾本因坊。
本因坊戦第1局で、山下が羽根を破って先勝した直後の、5月16日に打たれた。

それにしても、終わったはずの碁から、124手も追及し続ける山下の攻めっ気もすさまじい。

新聞解説によれば、右下の白は封鎖された後でも、何度か生きる術はあったという。
しかし山下は1目でも得をしようとしたのか、単に眼を持つ手を外してしまった。

・・・・・・・・・・

昨日の碁聖戦第1局、黒の大石が死んで投了になったが、黒の最後の手で「こう打てば生きることができます」と結城解説があった。

しかし、羽根は違う手を打って玉砕した。

結城解説が正しかったのなら、羽根は2眼作って生きても価値(勝ち)はないと見たのだろうか。

この辺の機微が素人には到底理解できない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素人には理解不能なプロの深〜い考え 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる