「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 碁界長老、不屈の奮戦ぶり

<<   作成日時 : 2011/06/14 23:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
       (ショウブの季節・・・・運動公園にて)
日曜日の囲碁将棋フォーカスで、世界戦5位になった84歳、平田博則アマの話題が取り上げられた。
第3戦でノルウエーに負けた碁は、なだれ三昧も得意とする大ポカだったが、その場面を小林覚九段が、わざわざ大盤解説する異例の扱いだった。
ポカがなければ、最終戦で中国と全勝対決になっていた。
恐れ入るパワーだ。

勝った中国の18歳選手が、「平田さんの碁が若々しいのにビックリした」とコメントしていたのが印象に残る。

小林覚九段は研究会で一緒にやっているが、並みの強さではないと言い、長島梢恵初段も負かされてばかりと言っていた。


日本棋院のHPから、いまなお活躍中の高年齢十傑を調べてみた。

@ 杉内雅男 九段
A 岩田達明 九段
B 杉内寿子 八段
C 河合哲之 五段
D 茅野直彦 九段
E 高見沢忠夫 六段
F 楠木光子 七段
G 長原芳明 六段
H 三王裕孝 九段
I 戸沢昭宣 九段
トップの杉内雅男九段は1920年生まれの90歳、3位の寿子八段は平田博則アマと同い年、10位の戸沢昭宣九段が1940年生まれの70歳である。

直近3ヶ月の公式戦は、合わせて10勝14敗。(楠木七段のみ対局なし)
全て予選B、Cでの戦いであるが唯一、茅野九段が名人戦で予選A進出を決めているのが目立っている。

突然話のレベルが落ちるが、我が城町道場は11年前に社会人OB達が集まって立ち上げたものだから、上記トップ10とも年齢が重なっている。

そういう意味で、平田アマや高齢プロの挑戦は、われわれにとっては大きな励みである。


.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
碁界長老、不屈の奮戦ぶり 「なだれ三昧」の石音メモランダム/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/03 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、宝酒造杯(福岡)で片岡聡九段の指導碁を
受けさせていただきました。
とても品のある先生で握手もしていただきました。
縄文人
2011/06/15 15:51
縄文人さま
片岡聡九段も52歳でマスターズ入りですが、第1線で活躍トッププレイヤーですね。指導碁でプロの先生と対局すると、その雰囲気だけで1、2目強くなるような気がします。
なだれ三昧
2011/06/15 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
碁界長老、不屈の奮戦ぶり 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる