「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽玄の間で快勝と言いたいところだが、内実は・・

<<   作成日時 : 2011/05/28 20:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
147手目黒Aを見て、白が投了したところ。
右辺から逃走してきた白40目を、完全捕縛されては仕方がない。

小生としては、早い段階で黒△を3連打し、白△と受けさせたモタレ作戦が、絵に描いたように大当たりで得意満面といきたいところだ。
それというのも、この対局相手の明星山氏のレートは30287点で、これまで小生が勝った中では最高点だからである。

しか〜し、この勝利には喜べない事情がある。
画像
この碁の立ち上がり。
黒7と、近寄るべからずと言ったばかりの村正である。
白8に対して、何も考えずに打った黒9が大悪手。
白10から14まで、黒2子を取られてしまった。

定石事典を見ると、白8に対する応手は、黒16か18、もしくは10の3通りだ、と書いてある。
こんな狭いところで、3択を全てハズしてはしょうがない。

黒19も論外で、これを打ったときは動揺して、半ば放心状態だったように思う。
白20、22で黒はバラバラにされてしまった。

普通なら「オワ」というところだろうが、さらに一本這って、ゆるみシチョウ的に鼻をオサえたらシボリ形になって、白の浮石ができた。
こうなると当方にもチャンスがある。
1点勝負で攻め上げた。

白は相手は弱い、と見くびったのかも知れない。

それにしても、定石の基礎的なところを知らなすぎるにも程がある。

.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幽玄の間で快勝と言いたいところだが、内実は・・ 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる