「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS リーグ入り目前で中根八段が打った「ぬる〜い手」とは

<<   作成日時 : 2011/05/10 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日並べた秋山八段対中根八段戦の総譜。
観戦記のなかに、中根がブログに書いたコメントに、「これはもしかしたらいける、と余計なことを考えたかもしれません。その瞬間、ぬる〜い手を打ってしまいました。」という一節がある。

果たして「ぬる〜い手」というのは、どの手だったのか。
気になったから、注意深く並べなおしてみた。
画像

図は中根が144手目に、白1とコスんで3にトンだとき、黒4と置いたところ。
昨日並べたときには白1、3は、スミの地を増やし、黒の2子カミ取りもみながら中央に進出する一石三鳥の手に見えたものだ。

しかし、黒4からエグられるのは厳しく、白3が安易だったのかなあと思った。
自分なりに答を出しておいて、第1譜から観戦記を読んでいくと、中根が悔やんだという記述は、やはりこの一点だった。
白1の前に、白イにコスみ、黒ロと換わっておくべきで、そうすれば形勢は細かかったとある。

新聞碁で、1譜から順に読んでいくのもいいが、総譜の掲載まで我慢して、そこに書かれている勝着、敗着、絶妙手等の記述から、自分でそれを探すというのも、能動的でいい勉強法かもしれない。

この碁は、「ぬる〜い手」があるよ、とヒントを貰ったから正解を得たが、この他には一手も疑問手と思えるものは発見できなかった。

そのことで、プロの碁というものは、無駄のない引き締まったものだと実感した次第だ。


.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リーグ入り目前で中根八段が打った「ぬる〜い手」とは 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる