「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊張感が途切れた瞬間にポカが出た

<<   作成日時 : 2011/04/09 22:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
1973年(昭和48年)7月、三菱囲碁同好会の2代目会長であった、法月忠五郎氏送別碁会の記念写真である。
38年を経た今日の囲碁大会に、このうちの5人が参加している。
囲碁は本当に息の長〜いゲームである。

きょうは、A、B、Cのクラス別人員割り振りの関係で、Aクラスに編入された。
1回戦先番中押し勝ち
2回戦4子置いて21目勝ち
準決勝2子置いて8目勝ち

決勝の相手は城町道場のHANA五段。当方は三段なので2子局である。
上位者ばかり相手なので、1手のミスが命取りになる。ここまでは慎重に打ち進めてきたのだが・・・
画像


白1に対して、ノータイムで打った黒2が思い違いの大悪手になった。
白3と抱えても、黒4にサシ込んで、白Aとポン抜いても黒Bと抜けば碁は終わりだと錯覚したのだ。
当然白Bとツがれて、黒はバラバラ事件になってしまった。

画像
150手まで進んだ局面。
形勢は悪くないとは思うが、いつも終盤で怒涛のヨセを喰らうことを考えると心配である。
最終盤ではプラスマイナス1目差かと考えていたが、さすがにHANAさん、半コウを仕掛けてきた。
結果1目負けで二位になり、Bクラスから続く、同好会3連覇はならなかった。

これが実力とはいえ、序盤にノータイムで打った一瞬のミスが悔やまれる。




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
1目負けですか。
惜しかったですねえ。
縄文人
2011/04/10 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊張感が途切れた瞬間にポカが出た 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる