「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 大斜八十変?をマスターする

<<   作成日時 : 2011/03/05 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
             (水仙匂う散歩道)
安倍吉輝九段の、「アマの知らない定石」講座を一通り視聴し終わった。

いずれも基本定石の別法、変化定石なので、基本をマスターした高段者や定石研究が好きな人には、周知の知識かと思う。
我々のような中級者以下では、定石の勉強は何度やっても基本定石どまり、つまり、基本定石を完全にマスターしきれないため、いつまでたっても、次の段階に進めないのである。

例えば、大斜百変とか千変とかいう、難解定石がある。
画像

黒1とツぎ、白2と受けると、黒も3にケイマするのが基本定石。

安倍吉輝講座では第68回から75回まで、8回を費やし、変化定石をわかりやすく説明している。

すなわち、黒3と打つ手で、A、B、C、D、Eに打った場合。
遡って、黒1のツギを打つ前に、黒F、B、Cに打った場合、である。

それぞれに、白の応手は限られており、一手でも誤るとツブれてしまうが、もともと黒からの変化球なので、白が正しく応じれば互角以上のワカレになるようだ。

高尾九段の基本定石事典にも、黒3の手でA、B、Cに打つ変化と、黒1の前にFと押す手(有名な耳赤の碁でも打たれた手)が、詳細に解説されている。

因みに、事典では大斜定石に20ページを割いており、参考図は80図ある。
こんなに狭い範囲で、1,2路動いただけで、80もの変化図ができるのだから、さすがに大斜百変、いや八十変だ。

正確に手順を覚えるのは無理だが、この20ページ(80図)を繰り返し、並べてみようと思った。

ビデオと本のコラボで、何か「コツ」のようなものが、つかめるような気がするのだが。



.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大斜八十変?をマスターする 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる