「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (十段戦第2局)やっと小鹿を食べたライオン

<<   作成日時 : 2011/03/24 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

棋聖戦ではまさかの、大逆転3連発で敗れた井山名人。
武宮正樹九段によれば、実質6勝0敗と圧倒的に井山が勝っていたという。
まあ2局目を除いては、その通りだろう。

特に、最後の3連敗の碁は、いずれも取れてる大石を、取りきらなかったせいで、逃げられて逆転された。
捕まえた小鹿を食べないで、じゃれているうちに、するりと森の中に逃げられたライオンに似ていた。

しかし、やっとライオンが獲物を完全に仕留めた。
画像
図は119手目に井山名人が黒Aと打って、張栩十段が投了した場面。
何と、上方の白21子が取られている。

張栩が、こんな無残な負け方をするのも珍しい。

しかし、この碁に関しては、最初から張栩には、戦意があったのかと疑われる。
うがった見方だが、第2局は捨てゲーム、と思わないにしても、無意識に、後味の悪い棋聖戦を引きずっていたかもしれない。

画像
張栩が、二連星をバックに右上でナダレたが、得意型は白1の三連星の前に、白4、黒イ、白ロのカケツギのはず。
敢えて三連星にして、黒2から、4のサガリまで打たせた。
ここで、オヤっと思った。

画像
逆に、井山は意欲的で、左辺の定石から続いて、黒△△と押し切り、黒1と厚みを背景に最大限の構え。
これに対し、白2はおとなしすぎると思ったが、黒3に対し、白4と模様を制限しに出たのはいいが、黒5に対し、またも白6と、スソ空きの右辺を受けたのも変だと思った。

黒7で易々と切断されては、黒の重圧の中での戦いは苦しかろう。
張栩は、下辺三連星と、左右の実利を稼ぎ、対抗できると考えたのかもしれないが、下辺を確定地にする前に、自爆してしまってはどうしようもない。

十段戦も1勝1敗のタイになり、振り出しに戻った。
あらためて、ここから3番勝負だ。

内容の濃い、名局になるよう期待したい。

.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(十段戦第2局)やっと小鹿を食べたライオン 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる