「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨミ違いに後手を踏み、大局を見失っている

<<   作成日時 : 2011/03/16 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

想定外の地震と津波。史上最大の災害に言葉を失う。

しかし、死者、不明者が数万人規模に達し、数十万人の方々が長期の避難生活を余儀なくされているにもかかわらず、関係者の努力で、道路整備や物資の補給などから、徐々に落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

にもかかわらず、未だに落ち着くどころか、日増しに不安が募るのが原発の事故。
最初に冷却水の注入支障が判明してから、今日までの推移を見ていると、現場や政府の関係者の判断ミスや対応が後手後手に回っていることがよく分かる。
長年の、原発反対派の攻撃に対抗して、作り上げた安全神話に凝り固まっているので、想定外の事態なのに、なんとかなるとタカをくくっていたのではないか。

象徴的なのが、菅総理の現地視察だ。
うまく対処できると踏んだ上での、パフォーマンスとしか見えない。

外国では、東京の外交機関を撤収したり、本国へ退避する動きが頻々と伝えられている。
被災地救援に向かった米海軍の艦艇も、日本海側に進路を変えた。
彼らは、日本政府や原子力関係者が唱える安全神話など、全く信用していないのだ。

そんな危急存亡の事態にも拘らず、それを死守すべき関係者が、被爆回避のために、作業員を800人から50人に縮小した。
その結果、爆発、火災、放射線量上昇と、異常現象に対して、どれも想像でしか説明できない。
国民全体はもちろん、世界中が息を呑んで注視している中で、人災だけは御免蒙りたい。


安全神話の「思い込み」
4つの原子炉の、入れ替わり立ち代りの攻勢に、「後手に回る」
大所高所にたって「大局を見て判断できていない」

なだれ三昧の碁ならば、反省すれば事足りるのだが・・・・


.






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨミ違いに後手を踏み、大局を見失っている 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる