「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国本因坊戦県東部大会

<<   作成日時 : 2011/03/13 23:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

異様な雰囲気の中ではあるが、予定通りに開催された。
本戦44名、親善戦56名、計100名がエントリー。
冒頭、全員が黙祷を捧げて、開会した。

なだれ三昧は予定通り、初戦で玉砕した。
碁を打つような気分になれないまま、スタートしたのだが、序盤は可もなく不可もなしといった進行。
ところが47手目の大悪手で、折角の碁を自ら壊してしまった。
画像

当方の先番で、相手は石川氏。
上辺をうまく先手で切り上げることができたので、懸案だった右下も先手で治まった。
ここで、全くヨミを入れることなく、フィーリングで右辺の白に対しノゾキを打った。
白の堅ツギを予想して、利かしくらいになると軽く思ったようだ。
白48を見て、大変なことをしたと反省したが、時すでに遅し。

画像

仕方なく、一本だけ利かそうと打った黒49に対し、またもや白50で応じられ、損の上塗りだ。
いらぬことせずに、初めから黒51に転戦しておけばよかった。

なんとか、左上にそこそこの確定地を確保し、左下も生きたので、下辺を大きく荒らせばなんとかなると思ったのだが。

黒89が一人相撲の手で、白90に打たれてかなり窮屈。
もがきにもがいて、手足や尻尾をもぎ取られながら、本体を脱出させたときには、形勢がかなり離れてしまっていた。

実戦は、このあと50手くらい打ったが、打つほどに悪循環に陥り、ついにタオル。

因みに、東部地区代表に勝ち上がったのは、吉松昭三、福井盛人、森脇英男の三氏。
共通点は、いずれも秀策まつりのトーナメントで、プロを破る実力者だということだ。

.なだれ三昧にとって、このような「無差別級」の大会は、「お呼びではない」ようだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国本因坊戦県東部大会 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる