「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK杯・定石の高尾を、布石の依田が挑発?

<<   作成日時 : 2011/02/06 22:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今期のNHK杯はタイトルホルダーが全員敗退し、なだれ三昧としては、今ひとつ盛り上がらない。
今日は準々決勝の第1戦、(先)依田紀基九段対河野臨九段戦で、解説は高尾紳路九段。
画像
               (画像クリックで拡大)
右上隅で河野が白1とカカったとき、依田が黒2とボーシした。
高尾が早速、これを珍しい手と評した。
依田は本来、このような大風呂敷を広げるような打ち方ではなく、相手の模様に入ってサバくのが棋風のはずと言っている。

続いて白3、黒4、白5の二段バネ。
ここで、依田が考慮時間をとると、高尾がこう言い放つ。「ここは黒9にツぐしかない思う。考慮時間を取るなんて。一番ビックリしました」
そのあと、黒6アテを考えているのかなと、参考図を作るも半信半疑の様子。
ところが、実戦も黒6から黒10のあと、白イからホまで参考図どおり進行した。

高尾は昨春、「基本定石事典(上下)」という大作を刊行したが、それ以前に、依田は「基本布石事典(上下)」を出している。
両書は装丁から、構成、ページ数、定価にいたるまで同じで、日本棋院の姉妹棋書となっている。

早速調べたが、高尾の定石事典には、黒6などという手は載っていない。
だから、ここで考慮時間を・・・という言葉が出たのだろう。

しかし、依田の黒6は、プロはいつでも既定観念にとらわれず、最善を求めるものだということを具現したものだ。
まさか、定石事典を出した高尾を挑発して、黒6を打った?それはないだろうが・・・

対局は依田の2目半勝ちで終わったが、もし局後の検討時間があれば、依田と高尾のバトルが見られたかもしれないなと思った。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK杯・定石の高尾を、布石の依田が挑発? 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる