「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS (今週のNHK杯)プロの碁は、教科書通り打たない

<<   作成日時 : 2011/02/27 22:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

準々決勝の最後は、羽根直樹九段対山田規三生九段戦。
解説は、なだれ三昧が五本の指にあげる柳時薫九段。
画像


黒の羽根九段が、右辺で地の損を承知で壁を作った。
これに対し、山田九段は直ちに白1と深く打ち込んだ62手目の状態。

万波奈穂二段が、「確か、模様の打ち込みは境界線上・・・」と言っていたが、それは線Aを意味する。
なんとなく黒の壁が不十分な感じがするが、それでも線Bくらいが打ち込みの限界だ。
それがアマ向けの棋書の説くところである。
奈穂二段はアマの疑問を代弁したものだが、柳九段は、ここは白1と打ち込む一手という。
理由は黒模様の幅が広いからという。

しかし、自分ならこんなに深入りして、無事に治まれる自信はないと思う。
生きるか、脱出するか、いずれにしても満身創痍となって、相手に形勢を譲ることになるのがオチだ。
画像

白1の打ち込みから26手進んで、白■とカケツイだところ。
白は中央に脱出し、壁だった黒△の3子が、逆に取られそうになっている。
自分だったら、右上から大きく広がった白の大勢力の中、黒△の3子は白の厚みにべったりくっついている根無し草であり、あっさり捨てて打つと思うのだが・・・・

柳九段も、対局者も全くそんな素振りはない。
事実黒は△からノビ出していき、あくまで中の白との攻め合いから、全局的な戦いが延々と続く。
どうもプロの碁というのは、教科書を超越したところで戦わなければ、勝負にならないようだ。

275手で山田九段が白番半目勝ちとなった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK BS
----[PR]--------------------------------------------------なんかこれってタダで見れちゃいけないものな気が(汗)ネットを使って稼ぐ方法が→ 流出?------------------------------------------------[PR]------(今週のNHK杯)プロの碁は、教科書通り打たない 「なだれ三昧」の石音 ... 「なだれ三昧」の石音メモランダムの(今週のNHK杯)プロの碁は、教科書通り打たないに関する詳細記事。(... ...続きを見る
1分で読める!芸能・経済ニュース速報
2011/02/27 22:35
NHK名古屋
<お買い得情報> ...続きを見る
必見!時代の流れはここにあリ!
2011/02/27 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
菜穂→奈穂
taka
2011/02/28 06:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(今週のNHK杯)プロの碁は、教科書通り打たない 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる