「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 格言・語録なるものの効用について

<<   作成日時 : 2011/02/15 21:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

日曜日の囲碁講座で、講師の淡路修三九段が、淡路語録なるものを紹介していた。
淡路塾で教える際に、手順を憶えるのは大変なので、分かり易いキャッチフレーズを多用しているうちに、いつの間にか「淡路語録」という言葉が生まれたという。

なだれ三昧も、語録集めはもちろん、自分で創作して愛用しているが、もとをただせば定石や手筋の変化手順が、さっぱり覚えられないからだ。
古来からある格言集とこれらの語録を合わせれば、既に数百にはなる。
これを序、中、終盤や打ち込み、シノギ、サバキなどの場面ごとに整理して、頭に叩き込んでおくと、実戦で効果があると思う。

扇子などの、対局グッズに書き込んでおくのもよかろう。
実際、今日の城町道場でSAKAさんとNIMOさんの扇子の裏に、ビッシリと戒めが書き込まれているのを見て、みんな同じことを考えているのだなあと思った。

どんな方法であれ、一手ごとに一呼吸おくことになるので、手拍子で打たなくなるのが最大の効用かもしれない。




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
格言・語録なるものの効用について 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる