「なだれ三昧」の石音メモランダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 女流アマ選手権事情

<<   作成日時 : 2011/02/14 16:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
     (今冬最大の積雪3センチ!   メジロも寒そう)
画像

今期のNHK囲碁講座で、淡路修三講師の聞き手を務めている木下かおり氏。
囲碁インストラクターとして幅広く活躍しているのだが、第53回女流アマ選手権の関東地区予選を枠抜けして、3月の全国大会に出場するそうだ。

この大会は女流プロの登竜門にもなっており、ここ10余年をみても、多くの優勝者がプロ入りしている。
大澤奈留美、潘坤ト、中島美絵子、向井芳織、下坂美織、石井茜。
昨年準優勝の出口万里子も関西棋院でプロ入りしたばかりだ。

なだれ三昧の脳裏には、昭和40年に、当時中学1年生だった小川誠子が優勝して一躍マスコミに旋風を巻き起こしたときのことが、鮮明に残っている。
翌年木谷門に入り、その後女流トップに上り詰めるまでの動向を、常に注目して見てきたものだ。

ところで、広島県の代表は、予選優勝の橋本朱莉さんと、準優勝の福島あきらさんに決っている。

橋本さんは尾道商高3年で、高校の全国大会も何度か経験しているので、ここらで全国に名をとどろかす活躍を期待したいものだ。
一方の福島さんは尾道の小4というから、これまた楽しみな新星が現れたものだ。

年齢を問わないとはいえ、小学生が県代表になり、中学生が優勝する、このような例が他にあるだろうか。
囲碁というのは、本当に不思議なゲームだ。




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女流アマ選手権事情 「なだれ三昧」の石音メモランダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる